こんにちは!イタリアは我々猫型人間の理想郷なのでしょう。しかしその事実をもってしても、今の恵まれた生活を捨てる理由にはなりません。

日本が息苦しくても、俺たちにはバッサーノ・デル・グラッパの想い出があるさ。

夢は見ても現実を生きます。不肖稲垣でございます。

と言うわけで、この日がやって参りました!チェント ディエチ NDR 詳細解禁です!


2018年型 ウィリエール チェントディエチNDR

2017y07m19d_002933074.jpg





フレームセット 定価540,000円税込

デュラエース完成車 定価766,800円税込

アルテグラ完成車 定価642,600円税込


予約受付中!


○ 実際どんなフレームなの? ○

2017y07m19d_002726732.jpg





不肖私がイタリア研修で試乗してきました。

昨年発売されたエアロ系レーシングフレームのハイエンドモデル、チェントディエチエアー。こちらをエンデュランスジオメトリに改造、様々なロングライド系ギミックを盛り込んで完成車させたエンデュランスモデルのハイエンドフレームです。

名機GTR-SLの上位互換として、ウィリエールがもつギミックの全てをつぎ込んで実装されました。

ハッキリ言って、ウィリエールによるパリ~ルーべ用決戦フレームです。

ウィリエールのカーボンフレームが持つ高い戦闘力、コレをあらゆる道で発揮する事を目指しております。


○ 満載されたギミックとは? ○

まずはシートステーに仕掛けられたサスペンションシステム。シートチューブとシートステーの結合部にジョイントを設け、そこに樹脂のエラストマーを実装。フレームの後ろ三角だけが上下に撓ることで秀逸な振動吸収性を発揮します。しかもフレームの前三角とは独立しているので、どれだけ撓ってもペダリングには影響しません…

2017y07m19d_002741633.jpg





更に、ディスクとダイレクトマウントブレーキの完全兼用(コンバーチブル)を実現したブレーキシステム、

2017y07m19d_002813561.jpg

2017y07m19d_002754361.jpg





こちらはスルーアクスルとクイックリリースのコンバーチブルも実現しました…

そして、チェントディエチエアーの「アラバルタ」を改良した専用のハンドル&ステム「ステンマとバッラ」、

2017y07m19d_002842691.jpg

2017y07m19d_002834352.jpg





エンデュランスモデルに相応しく、よりアップライトなポジションが出せるステアリングシステムとなりました。

なんかもう全部入り。


○ 実際乗ってみてどうだった? ○

乗り味はガチンコなクロモリフレームのレース用バイクでした。

前述のサスペンションシステムが良い仕事をするお陰でフレーム全体が撓るような感覚があります。カーボンフレームでこの乗り味を実現できた事はある意味脅威です。

2017y07m11d_234728835.jpg





最大で28cのタイヤまで履ける事も相成りまして、秀逸な快適性と振動吸収性。なのにそれがペダリングの邪魔をしません。

石畳の道も少し走りましたがなんのその。しっかりトラクションがかかり、しれっと加速できた程です。

おまけにディスクブレーキ対応なので…トンデモない所に迷い込んでも走破できそうでした。

ただ、乗り味が完全にクロモリフレームのそれなので…フレームの戦闘力を完全に発揮させるには「フレームが撓るリズムに合わせてトルクをかける」ペダリングが必要になります。


○ どんな楽しみ方ができるの? ○

間違いなくロングライドやツーリングを楽しくしてくれる事請け合いです。このフレームに仕掛けられたギミックをフル活用すれば、不整地でのライドも楽しむことができ、ロードバイクの可能性を広げます。

その上フレームの基本性能がかなり高いわけですから、軽快な加速や高速巡行も十分に楽しめます。

また、そもそもがレース用に開発されたフレームです。剛性が高いホイールと組み合わせればかなりの戦闘力を発揮します。その際には「クロモリフレームの踏み方」をして下さい。気持ちよく進みます。




以上、チェントディエチNDRのお伝えできる限りの情報でした!

大変に個性的で面白いフレームです。ぜひ一度ご検討下さい。




LINE@始めました!
友だち追加



阪急千里山店 お問い合わせフォーム

店舗HP

オンラインショップ

ツイッター


フェイスブック始めました! イイネを押してお得な情報GET!!



+------------------------------+
+CSカンザキ阪急千里山店で~す。
+  吹田市千里山松ヶ丘26-21
+    TEL:06-4861-8146
+    営業時間10時~19時
+URL:http://www.bikefunn.com/
+Mail cskanzaki@kvj.biglobe.ne.jp
+ 毎週火曜日  
+ 担当 稲垣
+-------------------------------+
スポンサーサイト

2017.07.20 | Wilier | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://cskanzaki.blog19.fc2.com/tb.php/1780-96dcb695